ネットかけました。

Image239_2.jpg

土曜日に旦那がちょうどお休みで子供たちが保育所に行っている間に鳥よけネットをかけに行きました。

土曜が午後から雨、日曜は雨と天気予報で言ってたので、これは土曜の午前中しかない!と勇んでネットをかけに行くと雨。私の実家の父も手伝いにきてくれたので、雨の中3人で鳥よけネットかけました。

去年は枝が伸び放題でていて途中で引っかかることが多く、作業がなかなか進まなかったので、今年はなるべく早めに枝の処理をしていました。そのおかげであまり引っかかることもなくスムーズにかけることができました。

ただ、かけ終わってみると、途中までで端まで届いておりません。サイズを小さめに買ってしまったようです(泣)経費をけちってはいけないですね。あいたところはまた買い足してかけなくては・・・。

1時間ほどでネットはかけ終わりました。雨でしたが、旦那も父もせっかくきたんだから草を抜いて帰ろうと昼まで草抜きしてくれました。おかげで茶色い大地に久々に会うことができました(笑)

 

イイお天気

 今日はいいお天気です。朝からあれもこれも洗濯していたらすごい量になっていました。でも、布団も干せるし主婦としては嬉しい限りです。また明日から天気は下り坂のようで、鳥よけネットをかけようと思っていたので、残念(泣)曇りくらいならいいな。
 摘粒行ってきました。日にすけたぶどうは黄緑色がとてもきれいです。
 しかし、中には傷んだ粒があったり、 

Image236.jpg

虫に食べられている粒があったり、
Image237.jpg
よーくみてみるといろいろな状態になってます。
これからも一つ一つみていかないといけないなーと思いました。
でも、今日はいいお天気のはずなのになぜか水にぬれている房が多くて???と思っておりました。
すると、いつも防除を共同でしている60代のおじさまから電話がかかってきて、「今日朝緊急で防除しましたので」との事。それで房がぬれていた理由がわかり、ほっと一安心しました。連絡してくださればいいのに、3人で防除をしてくれたらしいです。感謝感謝です。

久々に

Image232.jpg Image233.jpg

久々に自分が借りている畑に行きました。ベリーAは粒が大きくみずみずしくなっていました。(写真左)そしてピオーネも大きくなっていました。(写真右)

摘粒をしていたのですが、去年ほどつんだ房もなく奥にはいりこみそうな粒や小さい粒を間引いていきました。

ここ何日か暑くもなく寒くもなくちょうどいい天気なので、外で作業する者にとっては助かります。

ところどころ病気になっている粒や鳥に食べられたような粒を発見しそのたびに一人でぶつぶつ言いながらとっていきました。一度緑の粒を食べてみたことがあるのですが、とても渋くておいしくありませんでした。(当たり前ですが)鳥はしらないのかな?なんでもつつきたいのでしょうか?そろそろ鳥よけネットもかけなくては。

また明日も摘粒に行く予定です。

今日も防除

Image231.jpg

今日は昨日残った薬をもらって帰っていたのでアルバイト先のぶどうの防除をしました。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、今回の農薬はきれいなソーダ色なんです。見た目はクリームソーダのようですが、モスピランという劇毒が入っています。(JAでも印鑑をもっていかないと売ってくれないんです)

やはり今日も暑い中薬をまきました。

そして気づけばすごーく草が伸びています。(今まで気付かないふりをしていました)

草刈り機で草をかり、ぶどうの木の近くは手で草をぬきあっという間に午前中すぎてしまいました。

防除

Image230.jpg

土曜日は雨模様だったので今日防除をしました。防除はぶどう塾時代にご一緒した方々3名と共同でしています。みなさん60代のおじさま方で、軽トラに動噴のせてお互いの畑を防除しております。軽トラや動噴を持っていない私としては大助かりです。農薬も一人で買うと高いのですが、4で割るとかなり割安になります。今の時期は梅雨のじめじめした気候からぶどうにかびがはえたり、温かくなっていろんな虫が悪さをしだすので、それを予防するために農薬をまきます。ちゃんと倍率なんかも計算しながらしているので、残留農薬問題なんかは大丈夫です。

それにしても、マスクをしたりかっぱを着たりゴム手袋をしたりしてするので、汗びっしょりです。

あと袋をかける前に2回と袋をかけた後に1回防除をしないといけません。だんだん暑くなっていくのでつらいです。

 

アルバイト先

Image224.jpg借りている畑のほかにアルバイトに行っている畑があります。そこは4年前ぶどう塾でしりあった方の畑です。昔田んぼだった土地をぶどう畑にしたい!と荒れ地を開墾し、棚をつけピオーネを6本とデラウェアを2本、いちぢくを12本植えました。その方は今御病気で入院されており、奥様が看病の合間をぬって畑にきておられます。とてもじゃないけど、畑の管理ができないということで、私がアルバイトで畑の管理をしています。
ぶどうは植えて3年たたないと、ぶどうがなりません。
ならないことはないのですが、木が育ってないのに、房をつけると、木がよく育たないからだそうです。今年がちょうど3年目ということで、ピオーネもデラウェアも今年は結構なってます。
 デラウェアは粒がかなりぎゅうぎゅうで摘粒が非常に難しいです。はさみがはいるところは奥になっている粒をとることができますが、はいらないところはほったらかしです。でも意外とつぶれたりしないんです。楕円形に変形しながら一粒ずつ頑張っています。
 明日は防除の予定ですが、雨ふりそうです。雨がふると中止です。また防除についても書いていこうと思います。

 

 

 

トンネル巡回

Image223.jpg
 Image222.jpg

一応私は福山ぶどう組合というところに所属し、出荷してます。

今日は福山ぶどう組合の方と園芸センターの先生が畑に見に来てくれました。

ベリーAに関しては2mで25房ならすという適性があります。そして一房の大きさもだいたい70粒つくくらいと決まっております。それを守っているかどうか見に来られました。

 普通は多めに作っているそうなのですが、私の場合少ないくらいでした(笑)というわけで、房数は合格。

房もちょっと大きめだけど、なかなかいいと太鼓判を押していただき非常にうれしかったです。あとは粒の多い房の摘粒を頑張ってくださいとのこと。ハイ!頑張ります!

今日の写真はピオーネです。ピオーネはベリーAの半分、30粒でいいそうです。数えるにも楽です。

そしてもう一枚の写真はこないだ2回目のジベレリンをしたときによく振るったつもりが振るえてなかったらしく、早くもジべ焼けしてしまいました(泣)くっきりと茶色い線がついています。写真はみえにくいかも・・・。来年は気をつけます。

摘粒スタート!

 いよいよ摘粒作業に突入です。粒の込み合った房から間引いていきます。(去年は列ごとに摘粒していって最後の列は粒がとれないほどぎゅうぎゅうになったので)
 ニューベリーAの場合一房に70粒くらいついていればいいのですがそれ以上だと間引いていきます。中に入りこみそうな粒や他に比べて小さい粒なんかは優先的に間引いていきます。70粒を数えながらしていたらとてもじゃないけど、間に合わないので、適当です。
Image219.jpg
摘粒前
 Image220.jpg
摘粒後
Image221.jpgキャンベラです。もうぶどうっぽいです。

ジベレリンにつけました

ジベレリンっていうのは農薬のことです。

この農薬は不思議なことに一回目ぶどうの花が咲き始めたころつけると種がぬけ、二回目花が咲き終わって10日後ころにつけるとぶどうの一粒一粒が大きくなるという効能があります。

先週の金・土・日曜で全部つけおわりました。

専用のジベカップに水でといたジベレリンの液をいれ一つ一つつけていきます。

つけた後はよく振るいます。もし液が残っていたら「ジべ焼け」といって傷が残ってしまうためです。まだぶどうが緑色のときはわからないのですが、色が付き始め、紫色になるとくっきりと「ジべ焼け」のあとがでてきます。

これからは粒がぎゅうぎゅうにならないよう「摘粒」という作業をしていきます。これが結構神経と目を使うので疲れます。が、頑張っていいぶどうを作っていきたいと思います。