ギリシャ旅行まとめ

ヤッホー。

妹の新婚旅行記、ツラツラと出来事を書いたので、本日はもうちょっと踏み込んだ感想をば。

まずは、ツアーについて。

この度、休みが限られてる上に、ヨーロッパに行く、ということで、日程面でものすごく苦労しました。ヨーロッパって、やっぱり最低で7泊くらい必要なんですよね。

だから、まず、日程が合わない合わない。

且つ、海がいい。と、言うダンナ君の希望も叶えようと思ったら、クルーズしかない!が、クルーズこそ、長くて高いのしかない〜!

えぇ。私は死ぬ気で探しましたよ!自分たちに合うツアーを……。

それで、今回見つけたのが、大阪の方のあんまり聞いたことない旅行会社のこのツアー。

5泊8日のクルーズ付きで20万弱……。某有名旅行会社に聞いたら「安っ!」だそうです。

ただし、日本語ガイドかつかないし、アテネまで乗り継ぎあるけど、自力で行ってね。ってことで安かったようです。

と、言うわけで、自力で乗り換え、カタール航空について。

ここの機内食はあったかいし、ザ・中東と言う感じの料理なんですが、おいしかったです。空港内はもちろんアラビア文字。しかし、数字のみで何とかわかるもんです。カタール空港は、色黒で、ヒゲワッサ〜な方がいっぱいでした。

しかし、ドーハからアテネへ向かう時、内戦真っ只中のシリア上空を通過してました。「こんな高くまで撃ち落とす軍事力はあの国にないよ。」と、ダンナ君は言ってましたが、逆に、本当に普通の人達が、紛争してんだなぁ…。と、複雑です。

さぁ、いざ、アテネに着きました!アテネについて。

街はキレイかどうかと、問われれば、うーん…。ふ、ふつう…;^_^)。でも、とにかくラクガキがひどいのと、路駐がハンパない。

ラクガキも決して芸術的なものではなく、日本のコヤンキーが書いたのとほぼ同じ。それが延々と続きます。

そして、意外とホームレス、歌や芸を披露してお金を恵んで貰ってる人、赤ちゃんを抱えて同情を誘っている人。たくさんいました。

無言で見つめてきます。

治安は報道されているほど荒れてはいなかったけど、随所に厳しい現実をみた気分です……。

けど、街中は意外と日本人に優しく、結構「コニチワー」と、声かけられました。

これ、クルーズもそうでした。日本人多いのかな?日本人には友好的です。

しかも、そういうのに、いちいち反応してる私。ダンナ君に「あんまり、声掛けられて反応しない。もっとスルー能力身に付けないと、人が良すぎて騙されるよ!」と怒られて、スルーする特訓とかしてました。

ギリシャはもちろん!ギリシャ語。英語も通じることは通じますが、看板なんかは、全部ギリシャ語なので読めません。

なので、ガイドの本と照らしあわない。○○通り、とかもうちょっとわかりやすく書いてあったらいいのに。無駄にたくさん歩いたことでしょう…。

私達のこと。

とにかく、私、妹は英語がわっかんね!何だかんだ言って、ダンナ君がとっても頼りになったのですよ…。寝てばっか!とか、書いたけど、私なんか人のパン取るし、迷子になるし、頭痛くなるし、船酔いするし、写真撮れなくなるし(^-^;ダンナ君からの総評が“詰めが甘い”だそうで………。

ダメダメな妹でした。お土産も金額がちょっとあがるとビビって買えない私の背中を押してくれたし、フォリフォリで「俺からのプレゼントって事で、一個カバン買いなさい。」って言ってくれた時は、ちょっと嬉しかったです(*^^*)

大事にしようっと。

何だかんだ、2人の距離は行く前より近くなりましたよ。だいぶ見直した!(ダンナ君は、どんくさい私に呆れたでしょうがね………(;´Д`))

そして、海外行くと、日本ってスゴいな、優秀なとこだな。と、改めて実感。

ご飯もおいしいし、ウォシュレットはあるし。排水管もしっかりしてるし、風呂広いし。

日々、幸せなんですね。

やっぱり旅行って、非日常を味わうことで日常の事を見つめ直すことが出来るから素敵。

空港まで送ってくれたガイドさんに、最後に、「こんな大変な時にギリシャに来て、お金を使ってくれてありがとうございます。」と、言われました。

たいした金額ではありませんが、少しでも私の好きなギリシャの為になったらなら、いいな。

次、夫婦で旅行行くとき、多分もう海外は難しいので、東北行こうね。必要としてる所でお金使おう。

今回も、各両親をはじめ、皆様ありがとうございました。

何より、付き合ってくれたダンナ君ありがと!

最高でした!!
DSC_0733.jpg
(写真は今回の私の戦利品です。)

ギリシャ旅行その6

妹のギリシャ旅行記。

今日は最終日。

朝、最後に朝ご飯を食べて、無事クルーズは終了。体調も何とか戻り、日本語ガイドさんが迎えに来てくれたタクシーに乗り込んで、再びアテネ市街へ向かいました。

正直、クルーズが終わったらもう帰るだけだと思ってたので、ゆっくり観光できるなんて、ラッキー!と、ウキウキ気分です。

初日泊まったホテルに荷物だけおかせてもらい、飛行機の出発時間まではフリータイムです。

なので、早速!ギリシャ、と言えば?のアソコに行きました。

そう!またパルテノン神殿!!
DSC_0712.jpg

初日も見たけど、やっばりライトアップされたものを遠くから見るのと、実際目の前で見るのは違います、!

朝早いのに観光客もたくさん!しかし、青い空とオフホワイトの神殿遺跡。

スーテーキー(>____<)!!

想像以上にでかく、他にも見るとこはいっぱいありました。
DSC_0720.jpg

しかし、ここで、私のデジカメが…。SDカードの容量がいっぱいになり、一気にテンションダウン……………。

「あー。テンション下がったー。」とかブツブツ言いながら、もう疲れたダンナ君を古代アゴラ広場に勝手に連れて行きます。テンション下がっても、まだまだ行くよー。
古代アゴラって、あれですよ。昔の哲学者がよく集まって語り合いしてた集会所みたいな所。

ここのヘファイストス(ギリシャ神話の鍛治の神様)神殿が、結構原型を留めていて、保存状態がいいので、当時の雰囲気を味わえると思い、一人ずんずんと行きます。

ソクラテスが語り合ってた、という場所もあって、ギリシャ神話はおいといて、こうみえても大学では哲学専攻だった私、妹はここでもキュンキュンです。

ただのマニアです。もう、そういうものに無条件にトキメクのです。

ただ、パルテノン神殿に向かう時から、ツアー客の間をすり抜け、かなりセカセカと歩いておりまして、2人ともグッタリ…。

ダンナ君なんか、全く興味がないもんだから(^^;)余計にね。

でも、私が見たい遺跡はあと、ひとつ!

ラスト、オリンピア・ゼウス神殿跡に、い・く・ぞ!!

カメラ屋で新しいSDカードをダンナ君がゲットしてくれて(東芝だった!)、私の機嫌も直る!さぁ!さぁ!レッツゴー!

ゼウス神殿近くにはハドリアヌスの門が。
DSC_0731.jpg

これ、片方には“アテネのテセウス”もう片方には“ローマのハドリアヌス”と。この門が境目やぞ。みたいな、新しく街を作ったときの旧市街との権力誇示用の門だったようです。

その奥には、オリンピア・ゼウス神殿跡…。
DSC_0732.jpg

知名度などは、パルテノン神殿には及びませんが、残ってる遺跡から推定すると、そうとうデカい神殿だったのでは。

保存状態がよくないから!よくないから〜!!有名になりませんが、もったいない!(できた時代は全然違いますがね。)

柱なんか倒れて、切られたちくわぶみたいだよ!
DSC_0729.jpg
と、いうかなんでこんなに天井高いの!?

中で何してたんだろ。

とか、妄想しながら遺跡を一周してる間、ダンナ君は木陰で休んでました。

いや、もう終わったよ。私の遺跡に興奮する旅…。お昼食べたら最終買い物しようね;^_^)ここまで付き合ってくれてありがと。

でも、このアクロポリス、古代アゴラ、ゼウス神殿。何だかんだ歩いて回れる距離です。

しかも、お土産ストリートのプラカ地区、ブランドストリート、ちょっと頑張れば、考古学博物館。(今回へ考古学博物館は諦めましたが)全部歩いて回れちゃいます。

うーん。もうちょっと時間があれば、まだまだ行きたいところあったなぁー。

お昼をのんびり外席で食べて、(何か知らんがハエがよく来ます。日本人が好きなんか?)お土産を買いに。

ブランドストリートはスリが多いとのことなので、二人でカバンを持ってました。

昼間はまだまだ暑く、バカンス風の装いの人が多い中、長袖来た日本人が二人くっついてカバンを一緒に持ってる………。

浮きました……。

けど、地元ブランド、フォリフォリなんか、びっくりするほど、安く買えたよ。

今、ユーロ安いし。ワォ。

あと、ギリシャは革製品が有名。可愛いミニリュックがあって、一目惚れして買っちゃいました!そこの店主さんが、「No CHINA.made in GREECE!」と、ノーチャイナ!ノーチャイナ!言ってました( ・_・;)

実は、クルーズ船の中の免税店で可愛いカバンが格安であって、わっ!これ10ユーロなら買おうっと思ったらメイドインChinaで、止めた!。と、いうエピソードがありまして。

別に、私は普段からチャイナ産がいや。とか言うわけではなくて、せっかくギリシャに来たんだから、やっぱりメイドインGREECEが良いですよね〜。

何だかんだ買ってたらあっと言う間に飛行機の時間…………。

いやだよぅ。帰りたくないよぅ。いやだよぅいやだよー。

ギャーギャー言いながら(私が一人で)、帰り道。

ダンナ君に「また、来たいよぅ。」って言ったら、優しく「いつでも行けばいいじゃん」と。今回の旅行が楽しくて、また行きたくなってくれたの!?とちょっと感動してたら、「あ、オレはもう休み取れないから行けないけど、友達とかと行けばいいじゃん。」だって…。

どこまでも現実的!新婚旅行ロマンス!見当たらない(笑)!

簡単に言ってくれるねぇー。
だれか、一緒に行こう………。

空港に向かうタクシーで二人は寝ころぶ勢いの爆睡。150度くらいは倒れてました。

もう、飛行機にのって寝て起きたら、日本です。日付またぐから、5泊8日という日程でしたが、楽しかった……!!!!

今回は、本当にギリシャのダイジェスト版と言う感じで、有名どころをチャッチャッと回った感じです。もっともっと深い所も見たかったけど、このちょっともの足りないくらいが、一番いいんですよね。また、行きたい!って気持ちが沸くから。

旅行としては、以上ですが、最後に総評を書いとこうと思います。明日が本当のラスト!

ギリシャ旅行その5

うーん。お金ってなんだろう。本当に必要として努力する人のもとには来ないのかもね。道楽でやる人が助成金とかもらっちゃうから、若者や他の人がやる気を失っちゃうんだよ。お金の使い方は、本当によーく考えよう。

気を取り直して。
ギリシャ旅行記、クルーズ四日目。

今日は朝から、またツアーに参加。ちょっと離れた所にある、クノッソス宮殿に行きました!

クレタ島と言えば、ギリシャ神話のミノタウロス話。ミノタウロスは頭は牛、身体は人間の半獣で、そのミノタウロスが暴れるので、クレタのミノス王は名工ダイダロスに頼んで、迷宮を作って、閉じこめちゃいました。更に、アテナイの街から、若い男女7人ずつ生贄を送らせて、ミノタウロスに食わせてました。

それに憤慨したアテナイの王子、テセウスが、自ら生贄集団に入り、そこで出会ったミノス王の娘アリアドネがテセウスに一目惚れしちゃって、死んでほしくないから、お父さんに内緒で、テセウスに迷宮で迷子にならないように、糸を渡しました。

テセウスはミノタウロスも倒し、アリアドネの糸のおかげで、迷宮からも無事脱出。国を裏切ったアリアドネも連れて、アテナイへ。

ミノス王にしたら、娘は裏切るは?今まで強気にでていたアテナイの国に負けるわ、しっちゃかめっちゃかになったわけで。

腹いせに、迷宮を作った名工ダイダロスとその息子、イカロスを迷宮に閉じこめちゃいます。

絶望しかない迷宮の中で、あるのは鳥の羽と蜜蝋だけ。羽を集めて、蜜蝋で固めて、自分達に羽をつけて飛んで脱出しました。(名工だから何でも作れるんです。)

そのことにテンション上がっちゃって、調子に乗ったイカロスは、高く飛んで、太陽に近づきすぎて、蜜蝋が溶けて羽もバラバラになって落ちちゃいました。

かの有名な「むーかーし ギリシャのーイカロースーはー♪」の歌のことですね。

長いギリシャ神話語りはおいといて、そんな伝奇が残ってるので、何かあるんじゃない?と思って、エヴァンス氏が探ったらでてきたクノッソス宮殿。

クレタ島には、かなり前から高度な文化かあったことがわかりました。この文化は、ミノス王から名を取って、ミノア文明と呼ばれています。

何千年も前に立てられたとは思えないくらい、カラフルな色彩が使われた宮殿です。
DSC_0687.jpg

残ってるフレスコ画も、びっくりするほど、色鮮やか!すごい高度な文明があったことを物語っています。
DSC_0683.jpg

宮殿周りに一般人も住んでいたとされていますが、どうも一つ一つの部屋が小さい。当時は人の身長は、今よりもっと小さかったんではないかと、ガイドさんが言ってました。
DSC_0688.jpg

しかし、本当に入り組んだ宮殿だし、若者が牛を捕まえてる画や、男女14人の画があったり、神話が本当なんじゃないかって、ドキドキしちゃいました!

英語のガイドさんだったため、日本人軍団は聞き取るのを諦めて、写真ばっか撮ってました(^-^;  遅れがちでスミマセンでした。

ところで、私達がツアーでクノッソス宮殿に行ってる頃、ツアーに参加しなかった人は着いた先のイラクリオンという街でお買い物。な、はずが、ストライキが行われてて、何も売ってくれなかったそうです。後日聞いたらアテネ市街もそうだったらしいので、その日は全体的にストの日だったよう。私達はラッキーだったようです。

この度、一番自分でもクレイジーな買い物したな、と思ったのがここ。ギリシャ神話の全く同じ本の、日本語バージョン、ギリシャ語バージョン二冊購入。

いや、ギリシャ語の勉強したかったし、ギリシャ監修のギリシャ神話の本が欲しかったの……。

午後からはまたシエスタ(お昼寝)。

三時半頃、最後の寄港地、サントリーニ島に接近したので、観察してました。

サントリーニ島は、火山が噴火して半分沈んじゃったと言う噂。なので、島は断崖絶壁です。

そんな断崖絶壁の上にあのきれいな街があるのです。

カレンダーやポストカードの画で有名な白と青のあの風景は、イアと言う街にあるのですが、ちょっと遠いので、近場のフィラと言う街でお土産などを見ることに。

そんなフィラももちろん、高ーい崖の上。上へ行く方法は、ケーブルカーか、ロバタクシーか、自ら階段昇るか……。

なぜか、船で「ケーブルカー以外は止めといた方がいい」と、言われたので、素直にケーブルカーで昇りました。
DSC_0698.jpg
高いところから見下ろすので、どこから見てもキレイです!
DSC_0702.jpg
DSC_0706.jpg

ここから見えるサンセットは世界一!と、いう事で、日が沈むまでは、キャッキャッとはしゃいで、写真撮ったり、買い物したり、ロバをちょっと追いかけたり。

しかし、途中、ちょっと日本語が話せる客引きお兄さんに捕まってしまい、外に出たら、サンセットタイムは終わっていた……………!!!!

ガビーンですよ。ガビーン……。

まぁ、代わりにどんどん暗くなっていく情景を堪能しましたが。
DSC_0708.jpg

これが、スッゴくキレイだったけど、写真じゃうまく伝わらないのですよ…。このサントリーニ島は、ぜひ、自分の目でみた方がいい場所のひとつです!

もっとゆっくり見たかったわ…。

これで、クルーズはおしまい。明日の朝になったらまた、アテネのピレウス港に着いてます。

なので、夜12時までに荷物をまとめて外にだしとかないといけないのに、この最後の夜だけ!

船がスッゴく揺れまして……。天気が荒れまして……。

私、グロッキーになりまして……。

全部リバースしておりました……。

どうしょうもない私の代わりに、ダンナ君が何とか荷物をまとめてくれて(≧◇≦)

役に立たなくてスミマセン……。

クルーズ最後の夜なのに…。ロマンチックの欠片もないまま、グロッキーな夜を過ごしたのでした…。

明日は、とうとう帰国する日。あっと言う間に終わったよぅ!でも、どの島もよかった〜(>。<)!飛行機の出発は夕方。それまではアテネ市街を見物だ!

着いた日は日曜日でどこも入れなかったけど、明日は、大丈夫です。

パルテノン神殿!

では!

ギリシャ旅行その4

ドラフト!ノムケン!くじ運ないね!
まぁ今年は打撃強化で!

さてさて。
クルーズ三日目の今日は終日ロードス島です。

ロードス島は中世の聖ヨハネ騎士団の作った城塞が色濃く残る街&エーゲ海の島々の中でも最も緑とバラのキレイな街です。

特にツアーとかも今日は参加しないので、好きな時に出ていけます。

ちょっと歩くと、まぁ、すごい!城壁!
DSC_0667.jpg
こんな感じの壁がずっと続きます。
DSC_0670.jpg

当てもなく歩いて着いた先が、グランドマスターの館。
歴代の聖ヨハネ騎士団の団長が歴代住んだとか。後ほど、ムッソリーニさんの別荘になったとか。

中世の街並みがそのまま残っていて、本当に不思議な街です。

確かに緑も多く、ネコも犬もトリもみんなフラフラしてました(^-^;
DSC_0671.jpg

この日は本当に暑く、ダンナ君は午前中ぶらぶらしただけで、「もういいや」とのこと。

いつものシエスタ(お昼寝)に入ったので、私1人で、お買い物です。

結論から言うと、今回回った島々の中で一番お土産の種類も多く、安かったのが、このロードス島でした。

途中、ピスタチオのアイスなんかも食べながら、ぶらぶらするの楽しかったです。
DSC_0677.jpg

ただ、暑かった…………。

ぶらりと立ち寄った考古学博物館なんか、広すぎて迷子になり、且つ屋外もあり暑すぎて倒れそうでした(^^;)

船に戻ると、今夜のドレスコードは“エレガント”。オシャレにドレスアップして、キャプテンのカクテルパーティーです!
DSC_0681.jpg
わざわざこの為に、ドレスと靴も持ってきたんだよっと、準備しても、ダンナ君はいつも通りTシャツにジャケット羽織るだけ(+o+)

「ちゃんと、正装してよ。」と、キレても、「どうせ、ちゃんとしとるの日本人だけじゃけぇ、オレくらいでちょうどいいって。」だって!

そして、いざ会場へ。

…………ダンナ君の言うとおり、ちゃんとしてるの日本人だけでした………。またかいな………。

団体さんの中には着物の方も!まさしく、ジャパニーズ正装ですね。

せっかくめかし込んだから、ショーを見るぞ!と、意気込んでたのに、寝ちゃった……。
(ダンナ君は言わずもがな。)

ショック……!何の為にわざわざドレスやシャツを持ってきたの〜(ToT)?一瞬しか役に立たなかったわ〜。

クルーズにおける正装は自己満足の世界に近い事を知った夜でした…。

明日はラスト、クレタ島のクノッソス宮殿、世界一の夕日でお馴染み、サントリーニ島に行きます。もう、折り返しだ!

ギリシャ旅行その3

やっほー!

明日はドラフトですね。そわそわしてる大人、多そうですね。

妹の新婚旅行珍道中、三日目。

朝起きたら、トルコのクシャダシに着いてました。私は早起きして、朝ご飯もしっかり食べ、準備満タン。ダンナ君は起きず、ギリギリまで寝てました…。

日本人はひとまとまりのバスに乗り、いざ、エフェソス遺跡へ!ガイドさんもカタコトの日本語で頑張って言ってくれます。これまた、英語を覚悟していたので、ありがたい。

エフェソスは古代に栄えた港町でした。後にローマ帝国に支配され、3世紀ころゴート人に破壊され、壊滅。その後街として復活することなく、街ごと埋もれてたそうです。だから、イメージしていたより遥かに遺跡がデカい!
DSC_0646.jpg

保存状態がよく、よく写真に使われる図書館なんか、ホントに紀元前に出来たものなの?という感じです。大演劇場も音がよく響く!
DSC_0650.jpg
すごい!!

ダンナ君はもう見飽きたなぁと、言う感じで、私ひとり大興奮でした。

しかし、クシャダシの旅、ここからが強烈でした。

お土産屋さんのトルコ人の皆さん、信じられない程強引!!

「日本ダイスキ!ワタシ親日家!」を合い言葉にグイグイ来ます。気付いたら、手にお互いお土産だらけ。他の皆さんも同じように…。

バスに乗り込んでも窓開けてグイグイ来るから、苦笑いですよ。ひぇー。

そのあと、皮工場に行って、皮のコートやらをまたまた強引に勧められるが、手が出ず。

いいものだとはわかるけど、高いよ〜!

トルコでの強引さを見ると、ギリシャはあまりにも店員さんがクールだから、逆に心配になっちゃうね。ミコノスの店員さん、だれも客引きしてなかったわ…。

ちょっとグッタリして、お昼。昨日パスタバーだった所は、今日はギロスバー。

ナンみたいなヤツに、肉とオニオン、サワークリームを巻き巻き。
DSC_0654.jpg
プールバーではすっかり常連さんです。

トルコとギリシャの一番狭い海峡を通るのを見て、ギリシャの習慣に習って、シエスタ(お昼寝)。

夕方は、パトモス島に到着。
DSC_0655.jpg
ここの島は、見所が聖ヨハネの黙示録なんですが、ギリシャ神話好きの私はあまり食指が動かず。ダンナ君は言わずもがな。

だけど、島に着陸するのに、テンダーボードで行く、と言うので、その為だけに行きました。

小型船で着陸したあとはゆっくり町散策。まだまだ観光地としては、発展途上なので、本当に普通の街でした。

だから、お土産屋さんより、スーパーに行ってみちゃったり。うーん。ギリシャの人になった気分(*^_^*)
DSC_0663.jpg
今夜は船内はグリークナイト。レストランに行くときは、ギリシャのカラー、白と青で着飾って行くのがルール。けど、白も青も持ってなかったので、急遽パトモス島で、ギリシャっぽいストールを購入。

それを着けて、いざレストランへ。

…………ギリシャカラーを身につけてるの、日本人だけだったよ……。

私がクルーズスタッフなら、日本人って本当にかわいいと思うんだ!!だって、わがまま言わないし、ルール守るし。ちょっと英語が苦手なだけだよ!

そんな英語が苦手な私達。外国人の皆さんとまさかの相席。オーマイガー。

皆さん優しく話しかけてくれますが、ナニイッテルカサッパリデース!

英語恐怖性の私は固まっちゃって。ダンナ君はわかる単語だけ拾って何とか適当にやってました。(私もわかる単語はなんとか答えましたよ!)

こんな時、英語が話せたらもっと楽しいのに。と反省。やっぱ勉強しとかんといけませんね。

今日のショーはギリシャの伝統ダンスと音楽。この時はみんな白と青に着替えて来てました。しかし、私達は途中で眠くなって脱落。

朝までぐっすりでした。

明日は三日目。ロードス島で終日のんびりです。

ギリシャ旅行その2

やっほー!

妹の新婚旅行珍道中、今日からエーゲ海。4泊5日のクルーズへ出発です。

その前にホテルの朝食で、人が焼いたパンを間違えてとってしまうという、オーマイガーな事件もありつつ、ドライバーさんが迎えに来てくれたので、いざ、ピレウス港へ。

はっきり言って、クルーズと言っても全然実感がわかなかったし、不安でしたが、いざ、船を見たらオォッ!すごい迫力です。大きいよ!!
DSC_0633.jpg

パスポートなどを預ける代わりに与えられる、ボーディングカードが、パスポート、キャビン(部屋のこと)のカギ、クレジットカードを兼ねてます。

しかも、今回日本人の団体さんがいたため、クルーズスタッフにも日本人の方が。全部英語を覚悟していたので、そこはラッキーです!

まずは、避難訓練をし、救命具の付け方を勉強しました。そのあとしばらくして、船がいよいよ出航!!今日はまずミコノス島を目指します。

入口でもらった本日の船新聞を片手に船内を探索。ダンナ君曰わく、年寄りしかおらんじゃん、とのこと。

…確かに…。ふくよかなお年寄りしか見かけません…。

リゾート気分で皆さん開放的です。しかし、寒いかも!と防寒対策ばっかりしてきた私たちは見事に暑苦しいのでした。
DSC_0635.jpg

プール近くのサイドバーではパスタバーなるものが。メニューがイマイチわからない私たちは迷わずそこ。(よくわからないままドリンクのコンボセットも頼んだので、元を取るため何だかんだ通いつめ、気付いたら落ち着く場所になってました)

カタコトの英語で、何とかオプショナルツアーの申し込みをし、ちょっと昼寝をして、夕方ミコノス島に到着!
DSC_0637.jpg

エーゲ海の島々の代名詞の一つ、白い建物と青い海のコントラストがすばらしい島です。

道が狭くて、ホントに迷路みたい。けど、所々にネコがいて、オシャレなショップがあって、ゆったり時間が流れて、夕日がガチできれい……。
DSC_0639.jpg

これはステキだわ……。

出航は21時半なので、地元のお店で夕御飯。ギリシャの地元料理、ムサカをやっと食べれたよー!
DSC_0641.jpg

ちょこっとお土産も買いつつ、暗くなって夜景も楽しみつつ、クルーのショーを見つつ(マイケルジャクソンがいたよ!)プールバーでドリンクの元を取りつつ。

二日目の夜は更けていきます。

明日は朝早くから、トルコのクシャダシへのオプショナルツアーに参加します。

ギリシャ旅行その1

やっほー!飛行機をドーハまで約11時間、3時間待ってアテネまで約5時間!

ギリシャに行って来ましたー!!!

これから、妹の新婚旅行珍道中をぽつぽつお送りします。

まずは、深夜の関空。

ダンナ君はギリギリまで働いてます。なので、関空に付いた頃は二人ともお腹ペコペコで。しかし、時間が時間なので、開いてる店はマックかすき家。

しょうがなくすき家で腹を満たして、いざ!飛行機へ。

すると、ほどなくして、がっつり機内食が………。

こんな時間に機内食出ると思わないジャン。

腹いっぱいぱいになったよ……。

今回、カタール空港を使って行ったのですが、カタール空港はチェックインしてから席が決まるそうです。

たくさん人が並んでいたので、下手したら席がバラバラになるかも…。と、思ったら、通路挟んじゃいましたが、一応隣、且つ、なんと、後方の一番前!

足延ばしたい放題でした!ラッキー!

そんなこんなで、何とかアテネに付き、一応ツアーなので(と、言っても参加者は私たちだけ)やっと日本のガイドさんに会えました。アテネの基本的なことと、日程と、両替と、ホテルへの案内などをしてもらい、その日はフリータイム。

ヘトヘトなダンナ君を叩き起こして、アテネ市内へ、冒険です。

しかし、アテネは狭い路地が連なってて、歩けども歩けどもさっぱりわからず(x_x)

あっさり迷子ですわ……。

私がギャーギャー騒いでると、ダンナ君があっさり、iPhone5で解決してくれました…。

何だかんだで、ものすごい歩いて、やっと目的のアクロポリス博物館へ。この日は日曜日だったので、アテネはほとんどお休み。ここくらいしか開いてませんでした。

アクロポリスから出土された数々の遺跡が、これでもか!と。しかも、博物館の下がガラス張りになってて、発掘中の現場が覗けます。すごい!

博物館を出た頃には、もう真っ暗。パルテノン神殿は、ライトアップされてますー(^O^)

しかも、そんなパルテノン神殿がよく見えるレストランで食事しました。
DSC_0630.jpg
DSC_0631.jpg

カタコトの「ディス」オンリーで、なんとか注文。ここの料理、すっごい美味しかったよ〜(ToT)

しかし、食べてたら、突然、突風&稲光が…。

雨女はこんなとこでも、嵐を呼んだか…。と、悲しむなかれ。

雷光と、言えば、ギリシャ神話の最高神、ゼウスの象徴です。

パルテノン神殿と雷光!マニアにはたまらない組み合わせ!大興奮です!(パルテノン神殿はゼウスではなく女神アテナを祀ったものだけど。)

帰りは勇気を出して、タクシーを利用。ダンナ君が何とか頑張って行き先を伝えてくれたけど、着いたら全然違う所だったぜ…。

そんなこんなで、何とかホテルに戻り、1日目は終了。ダンナ君はトイレと風呂に文句言いつつ(ギリシャでは水道管が細いため、紙はトイレに流さず、ゴミ箱に捨てます。あと、風呂もシャワーカーテンなかった(*_*))
、明日からはいよいよ、クルーズスタートです。

なかなか予定通りにはいかないもんです(><)

今日はアルバイト先の畑へ。
昨日の決意を胸に今日は一日草刈り機で草を刈る予定でした。
・・・が、1時間ほどで草刈り機のエンジンストップ!!
以前にもエンジンが止まった時があり、その時はちょっと休ませておいたらまたエンジンがかかったので、今日もそうしてみました。
・・・どうにもエンジンかかりません(T T)
うーん・・・。よくわからないので、修理に持って行こうかと説明書兼保証書を探すもののどこにも見当たりません!
もしかして園主さんが持ってるのかも??

というわけで、今日の草刈りは全くはかどらず(^^;)
予定通りにはいかないな~。
ま。こんな日もあります。
来週からぼちぼち頑張ります~♪

いろんな言い訳f^_^;

今日は長和の畑へ。
こちらは9月末には収穫が終了し、それから当分足を運んでいませんでした(><)

・・・10月始めといえば久松通でイベントがあったので、その準備をしたり、イベントに行ってたり、参観日があったり、神辺の田んぼでわらをたばねて山野に持っていったり、KAZUのソフトの大会があったり、延期になっていた運動会があったり、代休で子供たちがいたから倉敷行ったり・・・・

なんだかんだ言い訳してみましたが・・・。

半月も畑に行ってなかったら・・・
121018_102400.jpg

こうなります(泣)

早めに草刈り、肥料まきしたいと思います!!!

癒し♪

昨日は運動会だったため、子供達は今日はお休み。

…ということで、今日は子供達を連れて倉敷へ行って来ました♪

 

なぜ倉敷かというと…友人が倉敷で赤ちゃんを産んだからなのです(^_^)

121015_113652.jpg

かわいい〜!!

 

KAZUも10年前はこんなに小さかったんよね〜。

いや〜覚えてないな…f^_^;

赤ちゃんって見ているだけで癒されますよね〜o(^-^)o

ほんと可愛かったです♪

 

そのあとせっかく倉敷に来たのでアウトレットパークへ。

久しぶりの買い物♪

これも違う意味で癒されました(笑)

 

子供達も…

121015_150428.jpg楽しんでました(笑)

 

いや〜明日からもガンバロ♪